消費借金金融で借りて苦しい生活と借金減額診断シミュレーター

 

私は以前、200万円の借金がありました。
ギャンブル、酒、女…など、絵に書いたようなダメ人間の生活を送っておりました。

 

最初に借金したのは学生の時でした。
すぐ返済できるだろうと思って借りた10万円は、結局200万円になるまで減ることはありませんでした。
消費者金融に150万円借り、友人や親から50万円を借りていました。

 

友人や親に関してはうまく言って返済を先延ばししておりましたが、消費者金融からの借金返済が遅れると、すぐに電話がかかってきていました。
それでも返済するお金がないときは着信拒否していましたが、今度は会社にまで電話がかかってきていました。

 

消費者金融側もある程度気を使ってくれて個人名で電話応対していましたが、さすがに何回も電話がかかってくると、上司や同僚からも怪しい目で見られるようになりました。
その後、嘘に嘘を重ねながら借金をし続けた結果、同僚や友人達から人間として信用されなくなっていったのです。

 

唯一、私のことを真剣に考えてくれた私の上司と、今は妻となっているその時の彼女のアドバイスもあって、借金減額診断シミュレーターで法律事務所に相談して債務整理を行い、コツコツ返済して4年後に完済することができました。

 

もうあの時には戻りたくありません。
借金は、きちんと返済計画を立ててうまく付き合いましょう。

 

債務整理の方法は大まかに4種類、それぞれの意味と借金減額診断シミュレーター

 

借金の支払いで困っている方の救いとなるのが債務整理です。
夜逃げなどの窮地から救済するために国が定めた法律です。
債務整理には大まかに4種類あります。それぞれの特徴は以下の通りです。

 

まずは過払い金請求と言う方法です。
債務整理の中では一番軽い方法です。
メリットとしては裁判所を通さずに司法書士や弁護士が金融業者と交渉することで返済の負担が無くなり、場合によっては払いすぎたお金が返ってくる事も有ります。

 

周りに知られることなく手続きが出来ることが大きなメリットです。また完済が済んだ借金の場合の過払い金請求はブラックリストに載ることは有りません。
デメリットとしては過払い金返還請求をした金融業者からは、二度と借り入れすることは出来ない場合が多いということです。

 

任意整理と言う方法は裁判所を通さないことでは過払い金請求と同じですが、返済額を交渉して軽減してもらうという方法で、決まった額を取り決めた期間内に返済していきます。
約5年間はブラックリストに載ってしまう為、その間の借り入れやカードの利用やローンを組むことは出来ません。

 

また個人の資産を残したままの債務整理の方法である個人再生や、全ての財産をなくしてしまう自己破産と言う方法が有ります。
借金の額や状況によって方法は違うのです。

 

債務整理で弁護士を選ぶ際に注意すべき点と費用

 

もし借金の返済に困っていて、弁護士への相談を検討中なら、注意が必要です。
実は、弁護士がそれぞれ得意な分野があり、借金返済などの問題に強い弁護士もいれば、離婚問題や傷害事件に詳しい弁護士など、以外とカバーしている範囲が狭いものです。
もちろん弁護士も商売なので、依頼されれば引き受けてくれますが、借金問題に強い弁護士とそうでない弁護士では、こちら側の利益に大きく関わってきます。

 

多くの借金問題では、返済履歴に関する金利計算が必須になってきますが、これは非常に複雑な計算となる為、中々専門の弁護士でなければ、一番得な計算方法で交渉すすめるのが困難です。
借金の額や、返済履歴の計算方法によっては、弁護士への報酬金額など簡単に捻出できる程の差が生じるため注意が必要です。

 

また、弁護士にも色々な考え方の弁護士がおり、弁護士全部が消費者寄りではありません。
金融会社の顧問をしている弁護士などでは、借りた金を返さない方が圧倒的に悪いという考え方の為、消費者側に不利な返済条件で、金融会社と任意整理交渉を進めてしまいます。
そういった事にならないよう、消費者よりの弁護士を探しましょう。

 

債務整理して自己破産後の生活

 

借金返済に困窮した際の最終手段。
いわゆる自己破産について安易に考えている人は以外と多いかもしれません。
でもどんな場合であっても破産出来るわけではありません。

 

例えば、自分が遊ぶためにした借金では、裁判所に申請しても免責は適用されません。
自己破産をするためには、しっかりとした審査に通る必要があるのです。

 

例えば持家があるなら、家は競売にかけられます。
自分の財産でお金に変えられるものはすべて手放さなければいけません。
借金をしても破産が出来るということから、たくさんの借金を増やすだけ増やして、踏み倒してしまおうという安易な考えの人もいるでしょう。

 

でも、自己破産後には、それまで出来ていた借金をしたり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする、ごく当たり前の生活が送れなくなります。
どうしても社会的信用を失ってしますのです。
ですから、自己破産をしてしまうことでブラックリストに載ってしまい、7年間は自由に借入をすることが困難なのです。

 

それでも、人生をやり直すチャンスをもらったことに変わりはありませんので、またゼロから生活を始めればいいのです。
それまでは借金に追われるばかりのマイナスの生活をしていた人には、とてもすばらしものに感じることでしょう。

 

個人再生で借金減額する債務整理の方法

 

債務整理の中では、民事再生の方法が選ばれるケースは多いとされています。
民事再生は、一般的には企業の倒産時に取られる方法であると考えられていますが、個人の債務整理でも広く選ばれる手法となっています。
個人再生とも呼ばれ、裁判所で借金の総額を減らすための認可を受けることによって、初めて民事再生で債務整理を進められるようになります。

 

債務の整理や軽減に際して、この方法を選んで借金の返済を進めていく人は多くなりつつあります。
返済が困難であると裁判所から判断されると、借金が軽減される措置がとられます。

 

その後は減免された借金を少しずつ返済していく方法が一般的なものとなっており、資産の差し押さえなどの措置に至らないことが大きな特徴に挙げられています。
時間をかけて借金を返す義務は生じますが、就業についての規制を受けたり、普段の生活における制限を受けたりする可能性が少ないと考えられています。

 

仕事ができなくなるなどの影響も出にくいことから、債務整理時に民事再生を選ぶケースが割合を高めてきているのではないでしょうか。
債務整理についてを弁護士に相談しても、個人再生や民事再生に関する説明を受ける人が多くなっており、その点も民事再生の事例を増やしていると推測されています。

 

裁判所の判断次第では、借金のトータルの金額を大きく減らせる可能性も期待できるため、場合によっては債務整理のメリットが増大されるとも考えられています。
債務整理や軽減の際に民事再生の適用を申請する人は、今後更に増加するものと見込まれています。

 

そのため、様々なところでこうした手法による債務の整理を進めるための手続きが行われるのではないかと考えられています。

 

参考:債務整理するとどうなる?

 

債務整理で過払い金を調べる借金減額診断シミュレーター

 

お金を借りると利息が発生するのは当然のことです。
日本でも様々な都合でお金を借りる場面があります。
そういった個人の都合で借金をした時には利息を支払っています。
そして、中には曖昧な利息で払い続けていたというケースもあるのです。

 

過払い金の存在は近年では重要になっています。
それは誰でも、払い過ぎた利息を請求して返してもらえるためです。
もし利息を多く払っていたら個人的にも損をすることになります。

 

だからこそ、過払い金を発見して対応するのが第一なのです。
法律を勉強すれば払い過ぎたお金を取り戻すことは簡単です。
問題は過払い金を知らないで時間が経過することです。
当然のように、利息の払い過ぎがあっても誰も教えてくれないのが現状です。

 

こういった難しい問題は自分で調べて対応するしかないのです。
実際の有無を知るためには専門的な調査をすることが有効です。
プロに依頼して調査すれば利息もしっかりと分かります。

 

お金を借りている人間なら、しっかりと調査はしておくのが大切です。
自分のお金を取り戻せるのはあまりない機会なので、知識の意味が高まっています。
最初から過払い金を知らないと生活で損をします。
今は利息がはっきりとしていないことがあるので調査は必須です。

 

債務整理に便利な借金減額シミュレーター

 

借金などは計画的に使えば大変心強い味方なのですが、しかり色々な原因から借金が増えたり中々減らなかったりするケースもよく耳にします。
そこで最近では債務整理などを専門に扱っている法律事務所などが増えてきているのですが、やはりハードルが高いために相談しづらいこともあります。

 

そんな債務整理の悩みに関しては、ネット上での借金減額シミュレーターが便利でおすすめです。

 

借金減額シミュレーターは基本情報を入力すると大体どれだけ債務整理で借金が減額できるかという計算と、それに合った法律事務所などを一緒に紹介してくれるサービスとなります。
債務整理の料金も各法律事務所で色々と違ってくるのですが、これを活用すると債務整理をより安く行えるところを見つけることができます。

 

しかし債務整理に関しては過払い金請求、任意整理、個人再生、自己破産など種類によって色々なものがあり、それぞれ法律事務所にも得手不得手があります。

 

より本格的な相談はやはり直接法律事務所に行ってするのがおすすめですが、やはりいきなり弁護士さんに相談はハードルが高いと思われる時は、まず概要だけでも借金減額シミュレーターで調べるとおすすめです。

 

最近の借金減額シミュレーターは全国に対応している法律事務所を紹介してくれるので、地方などで債務整理を考えている人にもおすすめです。

更新履歴